ヤミ金

ヤミ金は実在するの?【気になる噂を徹底検証】

MENU

借りてたお金を返せなくなった!そんな時の対処法

キャッシングをしている人のなかに、どうしても返済できなくなってしまうケースがあります。借りてたお金が返せなくなってくると、精神的に追い詰められてしまいますが、人生を悲観する必要はありません。

 

お金を返せなくなったら、返せなくなったときの対処法を確認し、自分に合った方法を選ぶだけです。少しでも前向きな明るい気持ちで取り組み、一日も早く生活改善に向けてスタートするようにしてください。

 

■キャッシングの債務整理とは?

 

まず、借りてたお金が返せなくなったときの対処法に、債務整理というものがあります。債務整理というのは、裁判所などの公的な機関を利用したり、金融機関との話し合いで、
 返済できない借金を返済できる借金に変えること
を言います。

 

たとえば、借金の残高が300万円、毎月の返済額が7万円だったとします。これを債務整理すると、借金の残高が216万円、毎月の返済額を6万円で3年払いにする、などに変わります。

 

ただし、債務整理をしてしまうと、その後の金融機関と取引することが難しくなります。過去に金融事故を起こした人、として一定期間は記録が残りますので、記録が消去されるまでは、クレジットカードの契約やキャッシングの利用ができなくなります。

 

■任意整理について

 

債務整理の一般的な方法に「任意整理」というものがあります。任意整理は、裁判所を通さず、金融機関との話し合いで、金利のカットや元本の減額について交渉するものです。ただし、弁護士や司法書士などの専門家を通さないと、金融機関は、任意整理の話し合いに応じてくれません。

 

通常は、減額された借金を3年以内に返済する内容で、金融機関側と和解契約を結びます。約束どおりに減額された借金を返済すれば、残りの借金の返済義務がなくなるというものです。

 

■債務整理の自己破産について

 

また、減額しても借金返済のめどが立たない場合は、自己破産によって対処する場合もあります。

 

自己破産は、原則としてすべての借金の返済義務がなくなる手続きです。クレジットカードや携帯電話の未払い代金、その他ローンの残高がすべてなくなる手続きです。

 

ただし、任意整理と同様、手続きをしてからの一定期間は、金融機関との取引ができなくなるというデメリットがあるのも事実です。

 

自己破産によって選挙権がなくなったり、家を追い出されたりする心配は少ないですが、今後の生活をも含め、法律の専門家と相談することになります。