ヤミ金

ヤミ金は実在するの?【気になる噂を徹底検証】

MENU

ヤミ金完済後の落とし穴。

過去にヤミ金を利用したことがある方は、ヤミ金完済後のトラブルに遭う可能性があります。ヤミ金は、法律に基づき設立された金融機関ではなく、無登録の業者なので、さまざまな落とし穴に注意しなければなりません。

 

ヤミ金を完済したからといって安心できるものではなく、いくつか注意点がありますので、ここで確認しておくことをおすすめします。

 

■ヤミ金完済後の「押し貸し」について

 

まず、ヤミ金の違法な高金利で完済できた人は、業者にとっては、絶好のカモになります。貸したお金が利息をつけて回収できた、という実績がありますので、「もう1回貨したい」と業者が思うのは当然です。

 

完済後の落とし穴として注意しなければならないのは、ヤミ金による「押し貸し」というものです。

 

押し貸しというのは、こちらが借りるつもりもないのに、勝手に金融機関にお金を振込み、利息をつけて返済するよう要求する行為です。「借りたつもりはないから・・・。」といって逃げ切る自信があれば別ですが、そうでないなら、最初から借りないようにするのが賢明です。

 

■ヤミ金完済後に郵送される大量のDM

 

ヤミ金の借金を完済すると、有力顧客としてのリストが拡散され、さまざまなヤミ金からDMが届くようになります。家族にヤミ金の利用を内緒にしておくのが難しいのはもちろん、うかつにDMの連絡先に電話などをしてしまうと、さらに悪い条件でお金を貸付てきます。

 

このような大量のDMの郵送物は、住所を変更しない限り止めることはできません。ヤミ金からお金を借りてしまい、その後のDMの落とし穴にはまってしまった方は、引っ越しも含めて、今後の生活を考えるようにしてください。

 

■ヤミ金完済後のしつこい電話勧誘

 

ヤミ金を完済すると、その後、しつこく「また、いつでも融資しますよ!」という電話がかかってきます。この電話は、ヤミ金業者側による「営業電話」になりますので、時間や曜日に関係なくかかってきます。

 

また、ヤミ金とのやりとりで「お金に困っている。。。」などといってしまうと、押し貸しの落とし穴にはまるきっかけになります。

 

業者側は都合よく「融資を頼まれた!」と解釈し、勝手に自分の口座にお金を振り込んできます。お金を振り込むだけでなく、強引な催促もしてきますので、ヤミ金との会話には十分注意する必要があります。

 

このような落とし穴にはまらないためにも、できるだけ大手の消費者金融や銀行カードローンを利用するようにしましょう。