ヤミ金

ヤミ金は実在するの?【気になる噂を徹底検証】

MENU

ヤミ金から催促がきたときの対処法

ヤミ金から催促がきて困っている・・・、ということはありませんか?ヤミ金を利用してしまい、その返済が滞ってしまうと、必ずといっていいほど電話によるしつこい催促があります。電話に出れば、強い口調で返済を求められるのはもちろん、電話に出ないでいると、自宅や実家、職場などに直接集金に来ることもあります。

 

本来であれば、ヤミ金を利用しないのがベストですが、催促が来てしまったときは、次のポイントに注意して対処するようにしてください。

 

■ヤミ金は利用しないのがベスト

 

まず、いうまでもありませんが、ヤミ金は利用しないのが一番です。消費者金融や銀行カードローンの審査に自信がないからといって、安易に闇金に手を出してしまうと、必ずといっていいほど催促のトラブルに見舞われます。

 

複数の借入れで、審査に通りにくいこともありますが、都道府県や国の許可を得て運営している金融機関を選ぶようにしてください。

 

■返済義務なし

 

ヤミ金の催促が来たときの対処法の1つに、「返済しない」という方法があります。

 

ヤミ金の金利は、そもそも出資法や利息制限法の制限利率に違反する内容のものですので、貸付行為そのものが無効と扱われます。つまり、こちらがその気になれば、「返済しない」という手段が取れるのがヤミ金です。

 

ただし、お金を貸しているヤミ金も貸付行為が無効となることは、十分承知の上です。それでも、「取り返せる」と自信があって貸付をしているのがヤミ金です。

 

職場や家族、あるいは、自分の両親などに迷惑がかかる可能性はありますが、どうしても困っているときは、「連絡を絶つ」ということも不可能ではありません。

 

■万一、催促がひどくなってきたら?

 

ヤミ金からの催促がひどくなってきたときは、法律相談を利用するのも対処法の1つです。
市区町村や弁護士会が主催する法律相談が各地で行われています。この法律相談を利用して、ヤミ金の対処法について聞いてみるのも1つの方法です。

 

ただし、弁護士などの法律の専門家に依頼するには、それ内の費用がかかるのも事実です。家計のやりくりが上手くできていないとしたら、家計全般の見直しも必要になってきます。

 

アルバイトやパート収入を増やす、あるいは、在宅でできる仕事を始めるなど、何らかの収入増の計画も必要ではないでしょうか。お金が必要で貸付を受けるときは、大手の消費者金融や銀行のカードローンを利用し、できるだけ返済に行き詰まるないようにするのが、一番のヤミ金の対処法ではないでしょうか。